令和4年 新春本部鏡開きにて

5段・・松浦さとみ、本多恒平